【DENBAの願い】

少子化問題が我が国における国家レベルの問題となるなか DENBAの技術でこの問題解決の一翼を担いたい

以下、閣府資料より

少子化の定義

少子化とは、人口を維持するのに必要な合計特殊出生率(*)が2.08を下回った状態です。

合計特殊出生率は、人口の増加率を示す代表的な指標のひとつで、15歳から45歳までの

女性が一生のうちに出産する子どもの人数を表しています。

これが継続すると、将来的には人口が減少に転じるといわれ、経済・社会活動などにデメリットをもたらします。

1970年代半ばから少子化が続く日本では、さまざまな対策が講じられています。

しかし、日本の人口が2010年の1億2805万人をピークに、現在は減少に転じています。

2060年には8,674万人にまで減少し、ピーク時から50年間で人口が3分の2にまで減少すると予想されています(*)。


参考:内閣府「第1章 少子化の現状はどのようになっているのか」

上条女性クリニックとの共同研究

上条女性クリニック(群馬県高崎市 院長 上条隆典)との共同臨床研究の結果、DENBA環境下で、不妊治療における受精卵(胚)の凍結融解でのダメージを最小限に留め本来卵子が持ち得る能力を最大限に引き出せることが判明、発表に至りました。

上条女性クリニックでは、DENBA技術を用い、DENBA環境下での胚培養および凍結融解等の胚操作により、受精卵の胚細胞のダメージを最小限にとどめ、かつ本来それぞれの卵子の持つ能力を最大限に引き出した結果が証明されました。日本全体における体外受精胚移植の妊娠率21%および分娩率15%に対し、上条式DENBA空間培養法を用いた上条女性クリニックでは、2022年3月以降のDENBA環境導入後、胚移植当たり妊娠率54%および分娩率29%に大幅に向上するという結果が得られました。凍結融解胚移植でも導入前と比べ妊娠率が29.1%から38.5%に、分娩率で14.3%から22.0%に上昇するという結果が得られました。

我々は、全世界的かつ現代的課題でもある不妊治療の改善に向けて貢献すべく、上条式DENBA空間培養法を用いた更なる研究と検討をすすめ、今後全世界にむけて発展普及させいく所存です。

※ 不妊治療に取り組む上条女性クリニックは、日本生殖医学会(2023年11月9~10日開催)にて、DENBA技術を用いての培養環境の改良/改善の結果として、凍結融解胚での妊娠および分娩率が飛躍的に向上した結果を発表。

上条女性诊所采用DENBA技术,通过DENBA环境下的胚胎培养及冷冻融化等胚胎操作,证明了将受精卵的胚细胞损伤降至最低,并最大限度地发挥了每个卵子本来所具有的能力。与日本整体体外受精胚移植的妊娠率21%及分娩率15%相比,采用上条式DENBA空间培养法的上条女性诊所自2022年3月起,DENBA环境的实施使每移植胚胎的怀孕率和分娩率大幅提高到54%。。冷冻融化胚胎移植也与引进前相比,怀孕率从29.1%提高到38.5%,分娩率从14.3%提高到22.0%。

为了对不孕不育治疗的改善做出贡献,这也是全球性和现代性的课题,我们将继续使用上条式DENBA空间培养法进行进一步的研究和探讨,并打算今后向全世界发展普及。

※致力于不孕治疗的上条女性诊所在日本生殖医学会(2023年11月9~10日举行)上发表了利用DENBA技术改良/改善培养环境的结果,冻融胚胎的妊娠及分娩率大幅提高。

【研究結果】

凍結融解胚移植を施行した25~46歳の症例のうち、導入前と導入後のそれぞれ1年間の
546例(導入前:237例、導入後309例)で妊娠率および分娩率を比較検討。

凍結融解胚移殖での妊娠・分娩率

DENBA環境下における凍結融解胚移殖での妊娠・分娩率が大幅向上。

妊娠率 29.1%→38.5%

分娩率 14.3%→22.0%

さらに体外受精(IVF-ET)での新鮮胚移殖での胚培養にも応用

※2022年3~12月に体外受精(IVF-ET)を実施した300症例の妊娠・分娩転帰

体外受精 新鮮胚移殖

体外受精における新鮮胚移での妊娠率・分娩率においても日本産 科婦人科学会は発表デー(2021年)より妊娠率・分娩率ともに 大幅な上昇。

妊娠率 21% → 54%

分娩率 15% → 29%

DENBA Incu

上条女性クリニックとの共同研究をもとに、独自のインキュベーターの商品化を進めております。

2024年下期にローンチを予定しております。引き続きご支援宜しくお願い致します。

上条女性クリニック

群馬県高崎市栗崎町534-1

院長:上条隆典

URL:https://www.kamijolc.com/

2024年4月21日発売の、上毛新聞に不妊治療 体外受精における分娩率向上ついて記事掲載されています。是非ご一読ください。